ページトップへ

スタッフブログ

▲お家がスッキリ片付いていると、心にもゆとりが生まれますよね。

2015年に タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」(アーティスト部門)にお片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん(こんまりさん)が選ばれたことが記憶に新しい方も多いと思います。

整理収納アドバイザーという資格があることも身近になってきましたね。

とはいえ、私はお片付けすることについて、そんなに興味を持ったことがありませんでした。

よくテレビで見る100均の道具を上手に使い、まるでカラクリ屋敷の如く色々な仕掛けの収納方法が紹介されるたび、「へ~すごいな!」と感心こそすれど、それを自宅に置き換えて取り入れてみよう、という動機づけにはなりませんでした。

生活感のないオシャレなお家に住む人というのは、きっとこういう細やかでキチンとした人なんだろうな~と、別の世界(!)に生きている人として見ていました。

 整理収納ブログを編集するようになってから

レノビアリングのブログ内でも整理収納アドバイザーによるブログを公開していて、私も編集に関わっています。

その中で気づいたことなのですが、お片付けをすると見た目がキレイになるだけでなく、ムダな動作が少なくなり、時間の節約ができるということに心を鷲掴みにされました。

仕事や家事育児でてんてこ舞いの毎日。頑張っているはずなのに、なぜか自分の時間を持てない。なぜだろう。その解決の糸口が、まさか「お片付け」にあるなんて…!

お片付け初心者のファーストステップ

お片付けには手順があります。とはいえ、とっても簡単な手順です。その手順に従えばとても簡単に片付きます。
その手順はよく考えれば誰でも思いつくようなものですが、きっと意識したことがないのです。

こんななぞなぞがあります。

「キリンを冷蔵庫に入れるためにしなくてはいけない3つのことはなーんだ」

答えは1.冷蔵庫の扉を開ける 2.キリンを入れる 3.扉を閉める です。

キリンの首はどうするのか、とか、そんな大きい冷蔵庫があるのか、とかはどうでもいいのです。
聞かれていることは冷蔵庫に入れるためにしなくてはいけないこと、ですからね。

何が言いたいのかというと、当たり前のことすぎて考えないからこそ、もしかしたら閉まっている扉を開けられないでいたのかな、と思うのです。

「新しく買ったものを、パンパンの戸棚に収納するためにすることはなーんだ」

その答えは1.戸棚に入っているものを見直す 2.いらないものを取り除く 3.新しく買ったものをしまう なんです。

 お片付けをして変わったこと

この「戸棚に入っているものを見直す」ができれば、片付けは90%終わったもんだと思い始めるようになりました。

見直す事さえ始めれば、要らないものが見つかり、それを処分して…と続いていきますからね。
始めれば終わっちゃうのです。笑

すでにモノがぎっしり入っていると思っているから、見直すことを最初からしなかったのです。

以前からキッチンにスペースがなくて困っていたのですが、シンク下収納を見直してみたところあるわあるわ、普段全然使わないもの。

それらを別の場所に移動し、ヘビロテアイテムをそこにしまうことで、キッチンの作業できる場所(というか置ける場所)が増え、慌ただしい夕飯の支度をスムーズにできるようになりました。

なんだか自分がステップアップした気がして、「ここも片づければもっと空くかな」とか「これをここにしまえばもっと使いやすいな」とか、思考停止状態から工夫脳になりましたよ。

これが自分にとって一番の大きな変化です(*^_^*)

お片付けスイッチ、入れに来ませんか?

私のハートに火をつけた弊社スタッフによる「心もスッキリ♪ラクラク整理収納セミナー 」

お片付けのノウハウだけではない、毎日の暮らしと心をちょっと楽にするヒントに出会えると信じています。

たくさんの方のご来場をお待ちしております♪

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中です。
よろしければフォローしてくださいね~(^^)

→Facebook

→Instagram

→twitter