ページトップへ

現場レポート

  • 築年数別にみる
  • すべて

シアトルのコーヒーショップを彷彿とさせるくつろぎ空間

横浜市青葉区O邸

1.2017年12月12日
お引渡し
お引渡し
すべての家具、照明の設置が終わり、クリーニングも完了しました!大切にしていた絵画や、コーヒーカップをスタイリングしていい雰囲気です(*^_^*)お施主様検査の後、お引渡しとなります。
2.2017年12月06日
フローリング
フローリング
養生が外され、フローリングもお目見え。木目の美しい、天然木の息遣いを感じるような温もりのある床材です。
3.2017年12月05日
リビング照明
照明設備が取り付けられました
リビングダイニングの照明設備が取り付けられました。モダンなデザインのペンダントライトを2つ並べるインテリア上級のテクニックです。
4.2017年12月05日
キッチン
クリーニングが入り、養生が外されました。
クリーニングも終わり、キッチンの養生も取り外されました。アイボリーの扉材とイエローのシンクがいい感じ(*^_^*)
5.2017年12月01日
天井
天井のクロスが貼り終わりました。
天井のクロスが貼り終わりました。スモーキーなグレーが大人っぽいですね~。
6.2017年12月01日
クロス
内装工事(クロス貼り)
急ピッチでクロス貼りが進められています!
7.2017年12月01日
洗面台
洗面台が設置されました
洗面ボウル一体型の洗面台は継ぎ目がなく、お手入れもラクラク(*^_^*)
8.2017年11月13日
玄関キャビネット
玄関キャビネットが取り付けられました
もともと広かった玄関に、大容量の玄関キャビネット(収納)が取り付けられました!段ボールで保護されている箇所は全身鏡です。出かけに身だしなみをチェックできて便利です。
9.2017年11月13日
アクセントウォールとチェアレール
アクセントウォールとチェアレール
リビングの壁の一面を、無垢材のアクセントウォールに仕上げます。ツヤのある濃いブラウンの塗装が印象的。仕上がった時にどんな風に馴染むのか、楽しみです。腰の高さにある帯状のラインはチェアレールという装飾部材です。
10.2017年11月13日
チェアレールのアップ
チェアレールのアップ
バーガンディのチェアレールはマットなテクスチャで仕上げることで、リビングを落ち着いた雰囲気に。
11.2017年11月13日
リビングのアクセントウォール
リビングのアクセントウォール
リビングの壁のうち一面に、無垢のパイン材を縦張りにしてアクセントウォールに仕上げます。塗料が馴染んできていい感じです。壁の前に鎮座するであろうソファーとの相性はどうだろう、この壁に絵をかけるならどんな絵がいいだろう…。そんな想像をかき立てられます。
12.2017年11月01日
キッチン
キッチンが設置されました
キッチンが設置されました。とはいっても、すぐに養生(ようじょう)されるのでお目にはかかれないのですが…。どんな雰囲気かとても楽しみです(*^_^*)♪
13.2017年10月24日
収納のBEFORE→AFTER
収納のBEFORE→AFTER
【BEFORE】リビング隣室の収納。もともとついていたクローゼットの枕棚は、扉の高さとほぼ同じで、さらに立ちはだかるようにハンバーパイプがあり、とても出し入れしにくい仕様でした。

【AFTER】収納部分の壁は天井まで撤去し、真ん中に仕切り壁を付けました。元枕棚の部分を天袋として独立させることで、物の整理がしやすくなります。
14.2017年10月24日
キッチンから見たリビングの風景
キッチンから見たリビングの風景
キッチン側から見たリビングの風景です。リビング全景が見渡せる開放的なキッチンですね♪
15.2017年10月24日
造作工事 ~キッチンのカウンター~
造作工事 ~キッチンのカウンター~
何もなかったキッチンにカウンターと袖壁(そでかべ)が付きました。
16.2017年10月24日
造作工事
造作工事
床をフローリングまで貼り終えたら、造作(ぞうさく)工事です。造作工事とは、大工さんが壁や収納、造り付け家具、ドア枠など現場で加工、取付する工事のこと。家の中のフレームがどんどん出来上がっていきます。

こちらはクローゼットの造作です。
17.2017年10月11日
床下地
床下地工事
解体工事完了後にまず取り掛かるのは、床下地工事です。躯体(取り壊せない部分)であるコンクリートの床には配管が這っているので、床下地を支えるための脚(支持脚)を一定間隔におき、床下地(ボード)を敷きつめます。

床下地の上には合板を張り、合板の上に遮音フローリングを敷きつめ、床工事が終了します。
18.2017年10月05日
解体中
解体工事中
こちらは洗面室の解体中。排水管やガス管、電気配線が露出していますね。

戸建の場合は構造材となる柱や壁はところによって取り除くことはできませんが、マンションの構造は建物全体で保たれているので撤去可能な壁はすべて取り払います。
19.2017年07月20日
解体前
解体工事が始まります
新しくリノベーション工事が始まります。
壁も床も全て取り替え、設備も新しいものに入れ替えとなります。

全てを解体するのでこの姿はもう見られなくなってしまいますが、新しく生まれ変わるお部屋が今からとても楽しみですね(^^)

物件データ

間取り 3LDK
家族構成 夫婦+母+子
工期 約2か月
延べ床面積 79.95㎡
完工時築年数 築34年

スケジュール

プランニング ご要望をお聞きし、間取りや仕様の打合せとショールーム訪問にじっくり取り組みます。
解体工事 今回はフルリノベーションなので、全てを解体します。キッチンやお風呂などの設備も撤去します
現地お打ち合わせ 解体が終わり、スケルトン状態になったお部屋をご確認いただきます。
ショールーム訪問 各ショールームにて、仕様の色柄の確認をしていただきます。
配線・配管工事 現場の配管工事をします。
造作工事 大工さんの工事がはじまります。
設備工事 キッチン、ユニットバスの設置をします。
内装工事 既存のクロスを丁寧にはがして、新しいクロスを貼っていきます。
器具取付 照明器具の取付、洗面台・トイレを設置します。
クリーニング 最後の仕上げのクリーニングに専門業者が入ります。
施主検査・お引渡し お施主様に仕上がりをチェックしていただき、指摘点を修正後お引渡しです。