ページトップへ

スタッフブログ

新築住宅の材料として使われる2X4(ツーバイフォー)材でカバン掛けを作りました。
DIYが流行っているのか、ホームセンターには色々な材料がそろっていて、私のような素人でも一人でできる事がたくさんあります。

その中で今回の材料のひとつの「ディアウォール」は2X4材の上下にセットして床と天井で突っ張る道具です。
これさえあれば賃貸のお宅でも壁や天井を傷つけずに棚をDIYできます。
大きな突っ張り棒といったところでしょうか。

 

今回の材料

・2X4材(すみません。長すぎで写真におさまりませんでした)
・ディアウォール(2X4材の上下にセットして突っ張る道具です)
・ブライワックス(蜜蝋ワックス。木材用の塗料です。2X4材に塗装します)
・金具(今回はかばん掛けなので掛けるフックを付けます)

2×4材は天井の高さより少し長めものを購入し、天井より4~4.5cm短くなるようにカットしてください。(ホームセンターでは頼めば切ってくれますよ。)

 

行程1.まずは全体にヤスリがけをします。

もし塗料を塗らないまま作る場合でもヤスリがけは必要です。

 

行程2 ブライワックスで塗装します。


▲すみません。塗装に夢中で写真を撮り忘れました…

今回は「ジャコビアン」というダークな色を塗りました。

 

行程3.金具を取り付けます。

使う人が使いやすい位置・高さで取り付けました。

 

行程4.2X4の両サイドにディアウォールをセットします。

これがディアウォール。ホームセンターや通販でも簡単に手に入れることができます。
天井になる方にバネが入っているので、しっかりと突っ張ってくれます。

 

行程5.お部屋の突っ張りたい位置にセットします。

これで完了です!釘もなんにも使わないので、突っ張る場所を変えたければ何度でも突っ張りなおせます(^-^;

床に直置きされていたカバンが一目でわかるようになり、風通しも良くなりました。
梅雨の時期にカバンのカビやにおいが気になる方、簡単にできて取り外し可能な今回のDIYぜひお試し下さい。

ちなみにこちらはもう一か所、塗装をしないバージョンを作りました。
以前ご紹介したカバン掛け(ブログ:クローゼットのわずかな隙間をカバン掛けに
が少しくたびれていたのでディアウォールに変更しました!

安定しているので以前よりも重たいカバンも掛けられるようになりました!

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中!

よろしければフォローしてください。