ページトップへ

スタッフブログ

大和市が2016年11月に開設した複合施設「シリウス」。

こちらは年間の入場者数が300万人を超えると言われています。

地下にはローソン、1Fにはスタバがあり、利用者の利便性に役立っています。

特徴は2F、4Fに受験生や資格取得を目指す人達向けの閲覧席が棚の傍に沢山設けられている図書館です。

2Fの一部は有料で利用者がスペースをシェアできる場所が広く設けられ、3Fは幼児向けのフロアーになっていてキッズスペースや絵本、遊具まで備えています。

また、最上階の5階にはいくつもの研修スペース(教室)や食事ができる丸テーブルがいくつも並んでいます。

この階には学習支援のレファレンスサービスと言って利用者が求める情報や資料を検索したり揃えたりしてくれる利用者の支援をする図書館スタッフが常駐しています。

私個人的にはこのような空間で本が読めたり、未来の計画を練ったりできたらと思っていました。

実は息子がこの春、浪人生となりました。(急に建築科を受けたいと言い出したため)

案の定、学校へ行かない生活になると夜更かしをして朝起きられず、昼過ぎに起きだし風呂に入る始末。

家庭教師の先生との時間も守れず、遂に先生から三下り半を突き付けられる非常事態となりました。

先生に呼び出された息子はその場で自分の至らなさを反省して一生懸命に謝りました。

帰り道、息子から大和市図書館を見てみたいと頼まれ、一緒に見学に行き、閲覧席に並んで時を過ごしました。

その日以来、毎日朝食を済ませた後に図書館に通って受験勉強を進めています。

アルバイトも始めました。

社会人としての自覚に目覚めて欲しいところです。