ページトップへ

スタッフブログ

知っているようで意外と知らない住まいのコトバ。住宅業界初心者の私が知ることによって一気に住まいの世界が広がったコトバ達をご紹介しています。

カタカナ編の昨日に引き続き、今日は漢字の単語編です。早速行ってみましょー!

 

腰壁・腰板(こしかべ・こしいた)

壁の下部を装飾するための飾り壁です。真っ白で単一の色の壁よりも、温かみや重厚感、高級感を演出できます。

ペットや小さなお子様がいるとどうしても壁の下半分は汚れたり傷ついたりしやすいもの。そうした場合に一部だけ交換しやすいというメリットもありますよ。

 

無垢・無垢材(むく・むくざい)

 

無垢のフローリングとか、合板(ごうはん)のフローリング、という言葉を聞いたことがありませんか。

合板とは薄ーいベニヤを接着剤で貼り合せ、最後に厚さ0.25mm程度の木の板を表面に貼ったもの。
一方、無垢材は丸太から使用する形状で切り出した、貼りあわせ加工を行っていない一枚板(単板)を指します。

断面を見ると、ミルフィーユ状に薄い板が重なっているのが合板で、年輪の一部が切り取られたようになっているのが無垢です。

無垢材をフローリングに使用すると家中が木の香りと、清々しい空気で満ちています。これは無垢材の自然の調湿機能によるもの。断熱性も高いので、夏はヒンヤリさらさら、冬は温もりのある質感で一年中素足でいたくなるような快適さなんです!

床のことなんて気にしたことのない私でしたが、無垢を使用した家に入るとその空気感の違いに気づくほど。
多くの保育所や幼稚園に採用されるのも納得です。

 

造作(ぞうさく)

元押し入れをスタディーコーナーに造作

壁面の寸法にピッタリ合った造作のTVボード

家電がスッキリ収まる造作のキッチンカウンター

 

建物を支える構造物(柱や梁)以外の建物の内部(床板・階段・陳列棚・畳・建具など)を造ることを指すそうですが、どちらかというと”作り付け家具”と同じような意味合いでつかわれるほうが一般的な気がします。

造作物(作り付け家具)は建築と一体になっているので、基本的に移動することはできません。

目的、空間にあわせて特注で作られるので、素材やデザインなどお客様の意向がきめ細かく反映しやすく、リノベーションをして一番テンションがあがるのがこの造作物!

造作は大工さんのお仕事なので、腕のいい大工さんがいる施工会社を選ぶこともリノベーション成功の大きなポイントですよ。


 

いかがでしたでしょうか。

随所に私の偏見が入っているのはどうか大目に見てください。笑

ご紹介したのはほんの一部ですので、これからも”これを知ればもっと家が好きになる”ような事をたくさん綴っていきたいと思います。お楽しみに(*^_^*)♪

 

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中!
よろしければフォローしてください。