ページトップへ

スタッフブログ

裏庭に一坪畑を今年も作りました。

重機を入れて深さ50センチほど残土を出し、良質な黒土の客土をして、石灰を混ぜ、腐葉土や元肥を入れた本格的な畑ですが、面積が1.8㎡ほどしかありません。

2本の畝を作り、畝には黒いビニールでマルチシートを張り、畝の両脇には藁を敷きました。
こうすると保湿が叶い、作物が枯れにくくなると近所の畑で作業をしているお百姓さんから取材しました。

追肥も1週間おきくらいにこの藁の上に撒くそうです。「意外に肥料を食うよ」とも聞きました。

今年は枝豆、ナス、キュウリ、フルーツトマトの4種類。

息子が「何故、畑なんか作るの?」と聞いてきましたが、「畑が作れるのに、やらないは無いだろう」と何か答えになっていない答え方をしました。

毎朝、水遣りが大変ですが、作物の育つスピードが大変早くて、結果がすぐ出て面白く、病みつきになりました。

1か月くらいが経ち、ナスを枝豆は少し収穫できそうです。自分で作り、みんなに食べてもらうのはやはり楽しいですね。

 

ところで、事務所を移設しました。長津田みなみ台の住宅街から長津田町の岡部谷戸に越しました。
長津田辻に向かうバス道路沿いで、旅館深草の手前右側です。

道路から奥に引っ込んでいるので分かり難いのですが、敷地も広く、平屋建ての建物で面積が大きくなりました。

蜘蛛が多くて大変だよと驚かされましたが、建物内部にフローリングを張り、自由に間仕切り壁を設け、輪転機が在る印刷室をドアで仕切ったので、いまのところ蜘蛛の被害は無く、印刷の音も壁とドアで遮断されて落ち着いて仕事ができるようになりました。

駐車場も増え、現場から引き揚げてくる廃材を置くための大型のカートリッジを駐車場の一角に設置しました。

その脇に建材の余りをしまっておく、資材置き場を作る予定です。工事と管理が一体になって、効率がよくなりそうです。

風も事務所の中を通り抜け、住めば都です。

今回は私もこちらの事務所に入ったので、困ったのはパソコンが自宅に無くなって、勝手にアマゾンで書籍が買えなくなった息子かな?

帰宅してもおやじの顔を見ないのは可か否か?

なんて思うのは親バカですね!