ページトップへ

スタッフブログ

少し前になりますが、夏休み中の8/19(土)に行われたイベント「【夏休み 親子DIY教室】キャスター付き木箱を作ろう!」のご報告です(^o^)

ワイン箱に好きな塗装を施し、電動工具を使ってキャスター(車輪)を付けて完成させる本格的なDIYです。

 

まずは好きな塗料を使って塗装します

お兄さんが塗っているのは、ブライワックスという木製品用の蜜蝋ワックス。味わいのあるビンテージ風に仕上がる塗料です。

ブライワックスは、ワックスを塗る→乾燥させる→ブラシで擦る→乾拭きしてツヤを出す、と工程が多いのですが、仕上がりは木の風合いが引きたち、男前なインテリアができあがる人気のDIYアイテムです♪

→ブライワックスで簡単にビンテージ加工

こちらは水性ペンキを塗っていますね。こちらの作品、実は他の面には別の色のペンキを塗り分けています。隣の面に色がはみ出さないよう、養生テープを貼って保護していますね。仕事が細かい!

 

次にキャスター(車輪)を取り付けます

ワイン箱の下部にキャスターを取り付けます。

そのまま取り付けるとビス(ネジのこと)が箱の底を貫通してしまうので、厚さ1㎝程度の角材を両面テープで仮止めし、その上からキャスターを電動ドリルで取り付けます!

小6のお姉さんがマックライフの店長のサポートを受けて、インパクトドライバーに挑戦!

電動工具も意外と力が必要なんです。グッと力を入れ、押し込むようにビスを真っ直ぐ打ちますが、慣れていないとなかなか大変…。

もしナナメになってしまったら、一度ビスを抜いてからインパクトドライバーの先端(ビットと言います)をキリの役割のものに変えて下穴を開けてから、再度ビスを真っ直ぐ打ちます。

こういうリカバリーの方法を知ることで、DIYの可能性がググッと広がりますよね♪

中2のお兄さんは、パパさんと一緒に挑戦!5歳の男の子もママさんと店長のサポートを受けて、頑張りました。

 

みんな真剣なまなざしで、一心不乱に作業をしています。

 

完成~!

自分が作り上げた作品を持って記念撮影!とても上手にできましたね~~♪

充実した表情に、私たちもとても嬉しくなります(*^_^*)

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

また楽しいDIYイベントを企画してまいりますので、どうぞお楽しみに。

 

いち早くイベント情報をgetするならLINE@!ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください(^o^)/