ページトップへ

スタッフブログ

▲部屋中洗濯物だらけ、室内の空気もムワッとする季節…(>_<)

いよいよ関東も梅雨入りしたとの発表がありましたね。

カラリとした爽やかな季節はあっという間に過ぎ去り、ああ、今年もこの時期がやってきたのね、と肩を落とす主婦の方も多いのではないでしょうか。

高温多湿なこのジメジメ期は、何と言っても「洗濯物が干せない&乾きにくい!」「食品が腐りやすい!」「色々カビやすい!」と家事を担う方にとって悩みの多い季節でもあります。

今回はこの時期特有お悩み解決法を、”洗濯物編”と”湿気対策編”の2回シリーズでお届けします!

 

洗濯物編

室内物干し

ホームセンターに行くと、洗濯物コーナーには色々な室内干しグッズがありますね。

折りたためるタイプの置き型室内物干しや突っ張りタイプの室内物干し。鴨居や長押にはさんで取り付けるアームタイプのハンガー等々。

リノベーションの際にも「洗濯物を効率よくできる工夫をしたい」というご要望を頂戴することが多々あります。

今までのリノベ実例からご紹介します。

こちらは天井から吊るす設置タイプの物干しです。輪っかの部分に竿を通せば物干し竿に早変わり!

風通しのよい窓の近くやエアコンの近く、洗濯ルームの近くなど家事の動線に合わせて設置すればとてもスムーズに作業できますね。

着脱はワンタッチの手軽さなのに、許容荷重は8kgと安心の頼もしさ!洗濯ピンチを3~4個付けられるので、洗濯物1回分をがっつり干すことができます。

来客時にはポールを外すことができますので、お部屋に生活感が出てしまうのはちょっと…という方にもおすすめです。

こちらは壁付けタイプの室内物干し。写真は障子の上に取り付けていますが、カーテン窓でもカーテンの開閉に影響せず、使わない時はフタの中にスッキリ収まります。

ブラインドのように、操作ひもで出したりしまったりします。しまう場所を確保しなくていいのは助かりますね。

 

浴室換気乾燥機

浴室換気乾燥機とは、天井に埋め込むように設置されたり、壁に取り付けて、浴室内の換気や暖房、浴室内に干した洗濯物の乾燥などを行う機械のことです。

浴室の入り口にある壁付リモコンで「乾燥」ボタンを押すと、吹出口から乾燥した熱風がゴォォ―――ッと吹き下ろすので、下にあるポールに洗濯物を吊り下げておくとものの1時間弱でカラカラに乾きます。

ちなみに吹き出し口の直下以外は乾き方にムラがあるので、扇風機の首振りモードを併用し、浴室内を巨大な乾燥機のような空間にするのもオススメです。

全自動洗濯機についている乾燥機よりも断然パワフル!家事の時短にもつながりますよ。

 


 

いかがでしたでしょうか。
どちらも1日程度の工事が必要にはなりますが、毎日の家事がグーンとラクになります。

次回の”湿気対策編”もぜひお楽しみに(*^_^*)

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください♪

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加