ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!やっと残暑も去って、過ごしやすくなってきました。皆様いかがお過ごしですか?

行楽の秋、運動会やお弁当を持ってお出かけの機会も増える季節です。
先日習ったレシピは、お弁当にもぴったりな焼き鳥丼でした。出来立てあつあつも美味しいですが、冷めても美味しくいただける、とても嬉しいレシピを谷口先生から教えていただきました。

そして付け合せのサツマイモは不可欠です。必ずご用意くださいね!


 

✿材料✿(2人前)

鶏もも肉 1枚
塩胡椒 適量
醤油タレ(※) 大さじ3
たまご 1個
白髪ネギ 8cm分
レンコン、さつまいも、シシトウなど 適量
海苔、ゴマ、七味唐辛子 適量

 (※)【醤油タレ】作りやすい量
 ・醤油、みりん、酒 各60cc
 ・昆布 10cmくらい

 

✿作り方✿

  1. 醤油タレを作る。保存瓶に材料を入れ、冷蔵庫で保存する。2~3日置くと昆布の旨みがでてきます。
  2. 鶏もも肉をフライパンで皮面から焼き色を付ける。塩胡椒して裏返し、天板に並べて180℃のオーブンで10分焼き、スライスしたレンコンやさつまいも、シシトウを加えてさらに10分焼く。
  3. 白髪ネギ、錦糸卵を作る。
  4. ②の鶏肉を一口大の削ぎ切りにしてフライパンで焼き、醤油タレをからめて火を止める。
  5. ご飯を平らに持った器に、錦糸卵、海苔を散らし④の鶏肉を乗せて焼き汁をかける。
  6. 焼き野菜、白髪ネギ、ゴマを飾る。好みで七味をかけていただきます。

 

 

谷口祐子さんのお料理と暮らしの教室『暮らすクラスDupainデュパン』http://www.cands.co.jp