ページトップへ

スタッフブログ

皆さんのお宅には、無垢材を使用した家具はありますか?自然のものだからこそ醸し出される木の風合いや佇まい…。いいですよねぇ♪

でも、お手入れの仕方を知っている方は少ないのではないでしょうか。とってもシンプルな作業ですので一度覚えてしまえばとっても便利♪

今日は無垢材と上手に付き合っていくためのお手入れ方法をご紹介します。

 

無垢材の種類とお手入れ

無垢材を使用した家具の表面の塗膜の仕様には大きく3つ分けてUV塗装(ウレタン塗装)、自然塗料、無塗装に分類されます。

それぞれの塗装ごとに合わせた日々のお手入れや定期的なメンテナンスのコツを見てみましょう。

UV塗装(ウレタン塗装)

▲体育館など公共施設の床には、手入れのしやすさから樹脂塗装が一般的です。

合成樹脂により硬化した塗膜で覆っているのがUV塗装(ウレタン塗装)。無垢特有のザラザラした表面を、透明で硬化した膜がコーティングしていると思うとわかりやすいかもしれません。

無垢材が直接的に熱や湿度から守られるため、一般的に多く採用されています。

 

日頃のお手入れ 定期的なメンテナンスなど

掃除機てゴミを吸う。乾拭き。汚れがひどい時には中性洗剤を薄めてしみこませ硬く絞ったふきんで。

必要なし

お手入れが簡単なのは嬉しいですね!

もし艶出しを目的としたワックスを使用する場合は、必ずウレタン塗装製品に使用できることを確認し、目立たないところで試し塗りをして艶にムラがないかなどを確認してから使いましょう。

 

自然塗装と無塗装

▲おもちゃ収納で人気のIKEA「トロファスト」も無塗装仕上げ

無塗装はその名の通り、何も塗装をせずに仕上げたもの。一見自然塗装とおなじに見えますが、触れてみると多少の毛羽立ちが感じられます。

一方、自然塗装は、天然由来のオイルや蜜蝋などが原料の浸透系の保護塗装のことです。

ウレタン塗装などのコーティング系塗料ほど保護力は強くありませんが、一定の表面の保護が期待でき、ナチュラルな見た目と木がの質感を活かすことができます。

日頃の手入れ 定期的なメンテナンスなど

掃除機てゴミを吸う。必要があれば乾拭き。※水拭き自然塗装が取れるので厳禁

 数年に一度、自然塗料が取れてきたと感じたら好きなオイルやワックスで自然塗料を塗りなおす。

 

定期的にオイルやワックスを塗装することで無垢材内部まで油分が浸透し、保護力が上がり、無垢本来の色艶も増します。

 

おすすめメンテナンス専用ワックス

メンテナンス専用のワックスやオイルには実に色々なものがありますが、ここでは初心者さんでも扱いやすい天然素材のワックスをご紹介します(*^_^*)

ブライワックス

イギリス生まれの主成分が蜜蝋の色つき家具用ワックス。用途としては無垢の木製品の仕上げ(着色/つや出し/保護)。またはワックスで仕上げられた木製品のメンテナンスに使用されます。

クリアなものから男前インテリアやインダストリアル風にもってこいのダークな色までカラーバリエーションが豊富です。

ブライワックスについてもっと詳しく

 

木工用みつろうクリーム

国産の無色の蜜蝋クリーム。使用している原材料もすべて国産の天然素材で安心。木工製品の塗装だけでなく、革製品(靴、鞄、グローブ、スパイクなど)のお手入れ、釣竿のお手入れ、木・革・竹などの材料に幅広く使用できます。

 

お手入れ方法

お手入れの方法はとってもシンプルです。

  1. ゴミや塵を掃除機やブラシで除去する。
  2. 染みや日焼け、頑固な汚れがある場合は紙やすりで研磨する。(※)
  3. 柔らかい布でワックスを刷りこむように塗布する。
  4. 30分程度乾燥させる。(ご使用のワックスにより時間が異なります。)
  5. きれいな布でツヤを出すように拭きあげる。

(※)無垢材の表面をきれいに仕上げるコツは、目の粗い物から順に目の細かい物(180番→240番→320番)へ2~3回に分けて紙やすりをかけることにより滑らかに表面を仕上げることが出来ます。

▲奥が塗布後です。

今回はキッチンカウンターを、木工用みつろうクリームでお手入れしてみました。

透明のため、塗布している最中はどこまで塗ったかわからなくなってくるのですが、↑の写真のように遠目で見てみるとよくわかります。奥の塗った部分はしっとりとしていて、木目がきれいに浮き出でているのがわかりますね。

30分放置して乾燥し、余分な油分は拭き取りました。以前よりもツヤが出て、木目が生き生きとしているように見えます!お気に入りの場所がキレイに蘇って大満足です(*^_^*)♪

余談ですが、このみつろうクリームにはヒバ油も含まれているので、塗っている最中ヒノキのような爽やかな香り包まれ、とっても癒されました~。


いかがでしたでしょうか。

適切なお手入れをこまめに続けていれば段々といい味が出てきます。

お手入れ方法を知り、大好きな家具や家と長く一緒に過ごしましょう。

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください(^o^)/

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加