ページトップへ

スタッフブログ

洗濯機上の棚を作ってからというもの、DIYに目覚めた私。

家の中を見回しては、”無意識のうちに受け入れてしまっているちょっと不便なところ”を見つけ、「どうにかできないか」と考えるようになりました。

そういえば、と今回目を付けたのが、浴室の棚!


▲下の部分が欠けてる留め具
見るたびテンションが下がります。

置くものがあるわけでもないし、留め具が欠けてて見た目も悪い。ついでに掃除も面倒、ということで外すことにしました!

 

棚を外す決心を後押ししてくれたアイテム

外したいとは思っていたものの、実際に外してしまったら、棚を取り付けていたネジ穴が残って、見た目はもちろん、そこから裏側に侵入した水分が悪影響を及ぼすのではないか、カビなどが発生したらどうしよう…と、実は外すことをためらっていました。

そんなある日、100円ショップのDIYコーナーで目に留まったのがこのアイテム!

シリコーン製の、補修材、防カビ剤入り…。これだ!

これをネジ穴につめれば、穴も塞げておまけにカビまで防いでくれる…!と、100円ショップで小躍りしそうになったのでした。

 

さっそく実践!

さっそくこのアイテムを買って帰り、棚外しに取り掛かります。

1.+のドライバーを使って棚を取り外しました。ボコッとあいたネジ穴が目立ちます。(ネジ穴周りにはカビが生えていました。うえ~~)

2.穴の周りにマスキングテープを貼り、補修材が周りにつかないようにします。(このマステしか手元にありませんでした。)

3.補修材を注入!テープを付けているので、思い切って穴からこぼれるくらい注入し、その後ヘラですり切ります。

4.マスキングテープを外し、半日以上乾かします。

 

お気づきの通り、補修材をつめたところで、穴が目立たない訳ではありません。笑

近くで見てみるとこんな感じ。穴の中に何か詰まっているな、という程度のものです。
水が浸入することによって生じるリスク対策が目的なので、まあ良しとします。

 

棚を外す前と後では、こんなにスッキリ!

【before】

【after】

 

何よりも、いらないものを自分で取り去った、という充実感!DIYの醍醐味です(*^_^*)

何かを作るだけがDIYじゃないんですね。

ほんの些細なことですが、住まいのお手入れをすると日々の暮らしをより主体的に楽しめるような気がします。

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください(^o^)/

LINE@はじめました。ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加