ページトップへ

スタッフブログ

キッチンのワークトップは、ステンレスか人造大理石(略して人大)か。

リノベーションをするお客様、特に奥様にとってキッチンの選択はとても楽しく、そして一番慎重になるところでもあります。

ステンレスにも人大にもそれぞれいいところがあるから迷ってしまいますが、メリット・デメリットをしっかり理解して、より自分に合ったキッチンを選びたいですね。

 

ステンレスキッチンのメリット

  • 水・熱・サビに強い
  • 汚れに強い
  • 臭いがつかず衛生的
  • 表面の加工法によりデザイン色々
  • 人大よりもリーズナブル

ステンレスは英語で「Stain less」(=錆なし)。その名の通り、サビもニオイもシミもつきにくいという、水周りには持ってこいな素材です。

汚れが染みこまないので水拭きでサッと拭き取ればOK。がんこな汚れには、中性洗剤はもちろん、クレンザーもがしがし使えてお手入れがラクです。

表面加工の仕上げ方によって様々なデザインを選ぶことができ、グレードにもよりますが人大よりも安価に抑えられる傾向があります。

ステンレスキッチンのデメリット
  • 無機質で冷たい印象
  • もらいサビ・白い水垢がつく
  • デザインによっては生活感が出る

いくら表面の加工を変えたからといっても、ステンレスはステンレス。鉛色の輝きの業務的な雰囲気が、好きな人と嫌いな人とで好みの違いが出てきます。

また、サビにくい、汚れに強いとはいえ、鉄製の鍋などを長時間置きっぱなしにするとオレンジ色のサビが発生してしまうことも。

水を拭き取らないことで生じるうろこ状の白い水垢も、素材の特性上目立ちやすいと言えます。

 

人大のメリット

実は人大には大きく分けて2つあります。

天然の大理石を粉砕し、セメントや樹脂で固めた「人造大理石」と、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分としたまったくもって人工的な素材の「人工大理石」。

とはいえ、特徴やメリット・デメリットはほぼ一緒なので、ここでは「人大」として、まとめてご紹介します。

  • カラバリやデザインが豊富でインテリアに合わせやすい
  • インテリア性が高くカウンターとしての使い方も

やっぱり人大の大きなメリットはそのデザイン!人大を選ぶ理由として、ステンレスしか使ったことがないから、という意見も多くあります。

明るいカラーの人大に変えたお客様からは「毎日キッチンに立つのが楽しくなった!」というお声もよくいただきます。

ステンレスとは違い「作業台」という雰囲気が少ないので、天板の奥行きを広げて調理スペースとカウンタースペースを一緒にすることもできますね。

宿題をするお子さんと向かい合いながら、またバーカウンターのように調理しながらサーブする、という生活のスタイルまで一変してしまうデザイン性の高さが人大の最大の魅力です。

 

人大のデメリット
  • 熱や液体のシミで変色
  • 経年劣化や紫外線で黄ばむ
  • 固くて重い物の落下で割れることがある
  • クレンザーなどで磨くと白っぽく変色する場合がある
  • 可燃性の素材。燃えると有毒ガス。熱いフライパンを置くと跡になる。

…こう書くとなんだかデメリットが多いような気がしてしまうのですが、使い方でリカバリーできることは多々あります。

醤油やソースなど色の濃い調味料、キムチなど唐辛子系の食品、ニンジンの皮で変色することがありますが、それは長時間放置した場合。こまめにふき取れば問題ありません。

また、クレンザーで白っぽく見えてしまうのは濃い色の人大の場合です。

一番気を付けたいのが「熱」への注意。加熱がIHの場合、調理が終ったフライパンをついスライドして調理スペースに置いてしまいそうになりますが、そこは鍋敷きを必ず使ってあげましょう。

熱湯を流すくらいでは変色・変形はしません。

 


いかがでしょうか。

ご自分にはどちらが合うかなーと何となく想像できましたでしょうか。

でも、理屈よりもときめきとインスピレーションを大事にして選んだほうが後々後悔せずに済んだりもします。

ぜひショールームに足を運んで実物を見て、触って、感じて選んでくださいね!

レノビアリングではコーディネーターがショールームに付き添いますので、お気軽にお声がけください♪

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください(^o^)/

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加