ページトップへ

スタッフブログ


▲たくさんの物件情報の中から厳選しています。

レノビアリングの人気コンテンツの一つに「リノベーション向きお宝物件」というのがあります。

その名の通りリノベーションするのに”ちょうどいい”中古マンションや団地物件をご紹介するページです。

何がちょうどいいのか、というのにはもちろんキチンとした根拠があるのですが、特段それをご説明しているところがなかったので今日はそれをご紹介したいと思います!

どんな基準で選んでいるの?

リノベーション向きの基準は主に「物件取得費+工事費のバランス」「耐震性」「管理体制」「生活利便性」などを見ています。一つ一つ解説しますね。

 

 物件取得費+工事費のバランス

内見した時に、築古感が高くてもスケルトン工事(取り壊せない建物の構造物以外、すべて取り払て行う工事)をしてしまうことを考えれば、それほど問題ではありません。

重要なのは物件価格。物件(不動産)を相場より安価で取得できれば、しっかり予算をかけて満足のいくリノベーション工事ができます。プロは内見の時に工事費用を上乗せした価格が現実的かどうかを見ています。

 

 耐震性

リノベーションするからと言って、物件が安ければ安いほどいいという訳ではありません。

構造上の耐震性はどうか、建築基準法の新耐震基準以降に建築された建物か、もしそれ以前の建物であれば新耐震基準をクリアする耐震性が認めらるかーーー。

そういうポイントを見て、リノベすれば安心して長く住める物件をピックアップしています。

 
 管理体制

「マンションは管理を買え。」マンション取得を考え始めた方なら一度は聞いたことのあるフレーズではないでしょうか。

管理が不徹底だと、建物の劣化が進み資産価値はあっという間に落ちます。(耐震性に影響を及ぼす場合も!)

管理体制を見るうえで重要なのが、「長期修繕計画所」。外壁や給排水管、屋上など、主に建物の共有部分を健全に保持するための修繕(性質や品質を回復させる)工事の計画書です。

その計画書にのっとってしっかり手入れや修繕が行われている物件かどうか。これもリノベ向き物件を選ぶ大切なポイントです。

 

 生活利便性

これは言うまでもありませんね。建物が上記の条件をどんなに満たしていても、陸の孤島のような場所では生活する上で不便この上なし、です。

スーパーやコンビニ、病院や学校、最寄駅までのアクセス。子育て中も、シニアになっても、住みやすいエリアかもリノベ向き物件を選ぶポイントです。

  

リノベーションした人の満足度は?

中古物件を買ってリノベする、でもやっぱり古い建物って大丈夫なの…?物件価格と同じくらいの工事費用。住宅ローンは大丈夫かな…?

誰もが抱く不安を一つ一つ解消して、自分たちらしいマイホームと暮らしを手に入れたリノベの先輩たち。

不安が解消できれば、あれもやりたい、これもやりたい!と夢が広がります。そんな様子を赤裸々に語ってくれた「お客様の声」。ぜひご覧ください。

お客様の声を見てみる


 

レノビアリングは地域密着企業ならではの情報網で、物件探しからリノベーション工事、さらには資金計画やローンの申し込みまで一貫して行うワンストップ型のサービスを行っています。

中古を買ってリノベっていいかも。

もしそう思えたらぜひ一度、お気軽にご相談くださいね。経験豊富なアドバイザーが、お客様のライフスタイルを丁寧にお聞きし、お客様にぴったりの物件やリノベーションのプランをお話しします。(ご相談は無料です。)

 

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中です(^^)

よろしければフォローしてくださいね。