ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、今日はあいにくの雨ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先週の土曜日は2回目となる整理収納セミナーを開催しました。具体的な整理整頓の手順を理論的にわかりやすく、写真で具体例お見せしながらお話しました。

▲家族構成や、家の間取りなどは人それぞれでも、やっぱり整理収納の悩みはつきないものですよね。

セミナーの始まる前、テーブルには何やら”捨てられないタイプ別診断テスト”という紙がおいてあり、
「捨てるつもりで何か月もそのままになっているモノがある」とか、「貰えるモノはとりあえず貰っておく」などのチェック項目があります。一体ここにチェックを入れたら、どんな診断を下されるのか…ドキドキします。

チェック項目の中には「クローゼットや押し入れには常にゆとりがある」とか、「収納家具やグッズはきちんと採寸してから検討する」など、片付けられない人から見たら何の問題があるのか!というものまで…。結果が気になりますが、時間になったのでセミナーはスタートしました。

整理整頓の具体的な手順とは?


▲片づけられないと何が問題なのか、も解説

前回のセミナーでもお話したとおり、整理と整頓(収納)は別もので、整理にも整頓にもそれぞれ”単純な”手順があります。

整理整頓をしようと思った時に最初にすることは、「全部出す」だそう。
全部出さないと、不要なものモノまでまたしまうことになり、収納スペースの無駄遣いとなるからです。

さらに不要なものの処分の仕方や捨て時、要るか要らないか迷った場合の考え方、そして収納グッズの買い方や取り出しやすくしまうポイントなど、お片付けするときにありがちな「迷っちゃう、たまっちゃう、わかんない」を一つ一つ解きほぐすように解説してくれました。

いかがでしたか?

あっという間に1時間が過ぎ、皆様何かを感じ取っていただけたご様子で、大変嬉しく思いました(*^_^*)
ご参加いただいた方の感想から一部をご紹介します。

  • 片付けは普段からしなきゃしなきゃと思いながらなかなかできずにいたので、今日教わったことを生かしてやってみよう!と思いました。
  • 発想の転換ができて、とても良いきっかけになりました。
  • 収納して満足してしまい、余計なものまでしまいこんでスペースをふさいでいるのを反省。小さいスペースから始めてみようと思います。
  • とてもわかりやすく、理論と写真での具体的な方法が示されていて取りかかりやすいと思いました。

ご参加いただいた皆様、お忙しい中ありがとうございました!

最初の診断テストの結果は…?

セミナー冒頭の”捨てられないタイプ別診断テスト”。どうやらモノが多い人は「買いすぎタイプ」か「捨てられないタイプ」となり、逆に片付いているように思える人でも「捨てすぎ注意タイプ」か「しまいこんで忘れるタイプ」に分かれるそうです。

ちなみに私は「捨てられないタイプ」でした…。皆さんはご自分がどのタイプに当てはまると思いますか?

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中!
よろしければフォローしてくださいね~(^^)

→Facebook

→Instagram

→twitter