ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは。整理収納コラムやセミナーで「整理・収納には順序がある」とお話しさせていただいてます。
その通りに進めるとどなたにも片付けはできるのです。

何度も出てきますが、「片付けたいな」と思う場所・部屋・スペースを決めたら

全部出す

使っているorいないに分ける(ここまでが整理)

使いやすくしまう(収納)

ざっくり言うと、この工程だけなのです。それぞれの行程にポイントや進め方はありますが大まかなところはこの3点。
では、ざっくりの行程で片付けたモデルケースTさんの例をご紹介します。

お悩み:子供部屋の納戸を使いやすくしたい!

こちらがお悩みの納戸。上部にスチールラックを置いて段を作っているのですが、上手く利用できていない様子です。しかも子供部屋なのにママの趣味のモノが入っています!!
下部は引き出しを使っているのは良いのですが中身を見直す必要がありそうです。

また、別の場所に衣類を収納しているので毎朝寒い部屋に取りに行くのが嫌だったそうです。
そこも改善し、衣類から勉強道具・本まで長女のモノはすべてこの部屋に収まるようにします。

では順番通り、全部出し→使っている、いないに分ける をしました。

今回は子供部屋なので、子供自身にやってもらいます!次女もお姉ちゃんと一緒にがんばりました!
引き出しの中身ひとつひとつを見ていくと、「これ、もういらないかな・・」とか「多すぎるから減らそうかな」「これは大切だから絶対要る!」など自分たちでどんどん区別が進んでいます!
私は最初に「使ってるのはココに置いてね。使ってないのはココ。迷うのはココ。」と指示をしただけであとは2人を見守るだけでした。
そうです!区別は小学生にだって立派にできるのです!
次は、収納。下段の空いたスペースに長女の衣類を収納します。そのために引き出しを追加します。ママと一緒に引き出しをスペースに当てはめてみます。
収納する引き出しの準備が整ったら、ここからはまた長女自身の作業です!別部屋から衣類を全部持ってきて、今着ているもの取り出しやすく入れていきます。
洋服は「輪」の部分を上にして縦にならべていくと、見やすくて取りやすいよ!
とアドバイスすると、その通りにサクサクと並べていきます。
さすが女の子です!
スパッツや靴下などの小物は仕切りを作って縦に入れます。
こうする事でまんべんなく使う事ができます。
引き出しに使いやすく入れたところで収納も完了です!

今回のビフォーアフター

【ビフォー】

上段も全部出し→区別→使っているモノを収納
をすると…

【アフター】

こんなにスッキリ!
いま使っている勉強道具や読んでいる本を
取りやすく入れました。


【ビフォー】

ついでに、机の横に並べてあった本棚も、
マンガ本や読んでいない本を取り除き、
たわんでいた棚も新しくしたところ…
【アフター】

いまの生活に合わせたモノを収納した事
により、子供部屋がより快適になりました。

 

ここまでで整理・収納はおしまいです。

その後の長女の様子を聞いてみたところ、子供部屋が快適になった事で勉強により集中できている様子で、きれいに整頓されているのでなんだか機嫌が良い!との事です。
そうなのです!整理と収納をするとただキレイになるだけでなく気持ちの変化にもつながるのです!
長女はもともと整頓するのが好きだったようですが、入れる場所が決まっていなかったりやり方がわからなかっただけなのです。

一度このように重い腰をあげて家族で一つの場所を片付けてみると、ココもやりたい!あそこも片付けたい!とどんどんヤル気が起きて家じゅうまるごとキレイになっていく事も夢ではありません。

実際にこのあとTさんのお宅は、リビングのママコーナーと玄関の納戸の片付けも成功させました!

その様子はまた次回ブログにてご紹介いたします。

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中!
よろしければフォローしてくださいね~(^^)

→Facebook

→Instagram

→twitter