ページトップへ

スタッフブログ

幸せな暮らしってなんでしょうか?
ものをたくさん持っている事?
みんなが当たり前に持っているものを持っていないと不幸でしょうか?

先日、整理収納アドバイザー講習で一緒に勉強したなりあいさん(なりあいさんのブログ:ミニマル狭小 持たない暮らし)のお宅で「自宅セミナー」を受けました。
なりあいさんは「ライフオーガナイザー」という「思考」「空間」「時間」「情報」を整理してその人にとっての「必要なもの」「大切なもの」「好きなもの」を明確にして人生をより豊かに幸せにするお手伝いをしてくれる方です。
ただ、お片付けの方法を教えるのではなく、その人だけの好きな空間を作り、暮らしを最適化します。
誰もが皆、モデルルームのような何にもない空間が好きとは限りませんよね?

さて、セミナーの内容は
座学(お片付けをすることで何が変わるか?わかりやすく説明してくれます)
利き脳チェック(自分の脳タイプによって片付け方法も合う・合わないがあるのです!)
収納見学(家の中・引き出しの中もぜーんぶ見せてくれます)
質疑応答

でした。

利き脳チェックは簡単にできるので良かったらやってみて下さいね♪(ブログ:自分の利き脳を知り、もっとラクに片付けよう)←近日公開

そして収納を見学させてもらって私は度肝を抜かれました!!

なりあいさんのブログのタイトル「ミニマル狭小 持たない暮らし」の通り、私のこれまでの人生で当たり前に家にあったものがなりあいさんのお宅には
無かったのです!

 

なりあいさんの家に無いもの


▲え、下駄箱がない!?                イメージ

下駄箱

家族4人で合計15足ほど。現在履いているものが土間に置いてあり、そのほかは2階の収納ケースの中。
→履きつぶしたら処分して次の靴を買う。

キッチンのごみ箱

一日ごとに手元の袋にまとめ、玄関外にあるポリバケツにためておく。
→ごみ清掃車が回収日に家の前までくる。

まな板

牛乳パックをまな板として利用している。

お風呂の中の鏡・壁の棚・タオル掛け

お風呂の中で鏡を使わない。棚やタオル掛けは掃除に手間がかかる。

 

実はまだまだあるのですが、それは自宅セミナーを受講した方のみが知ることのできるお楽しみ♪です。

お宅を見せていただき、
私は今までなぜ「持っていて当たり前」という感覚に疑問を持たなかったのだろう…と
帰りの電車の中で悶々と考え込みました。

今のマンションに引越す際に、食器棚・テレビ台・ダイニングテーブル・ソファー・ベッド・風呂イス・洗面器…
などなどを「当たり前の感覚」で「新居にはコレ要るよね」と次々と揃えていきました。

自分が、家族が本当に必要かという事を今まで全く考えなかったので、なりあいさんのお宅をみて
「自分目線の感覚」があることに驚き、とても新鮮な気持ちにさせていただけました。

そして何よりご自身がミニマリスト生活に自信をもっていて、生活を楽しんでいらっしゃいます。
「私はこの状態がやりやすい」「こうなっているのが好き」という強い意志を感じました。

もちろんおうちはスッキリしていて使ってないものなど一切ありません。

さて、私自身はといいますと…収納が好きなので
どんなにたくさんあるものでも、なんとか工夫して収納していました。
もちろん定期的に整理して要らないものは手放していたつもりでしたが、
なりあいさんのお宅を見てから、さらにお片付けスイッチが入りました!!

今回処分したモノ

・好きなアーティストのファンクラブ会報・写真集
・短大の卒業アルバム(あると思ってなかった(・□・;)
・卒業写真の自作アルバム(作ってからは見てない)
・映画の半券や出かけた先のパンフレット
・コーヒーメーカー
・お客様用布団、タオル、スリッパ
・ザル、菜箸などのキッチン小物(最小限にしました)

えーー思い出捨てちゃうの?と思う方もいますよね?もちろん思い出は捨ててないですよ!モノだけ手放したのです。

学生時代の思い出は心に残っているし、ファンクラブは退会しましたが、そのアーティストは今でも好きです。
ただ、物体が今現在の自分とこれからの自分には必要ないと判断しました。
「モノより思い出」昔なにかのCMで聞いた覚えがあります。

持っている だけで 幸せとは限らない
自分や家族が ラクに 過ごしやすい空間で生活できること を目標に
私のお片付けの日々は続きます♪

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中!

よろしければフォローしてください。