ページトップへ

スタッフブログ

1983年の今日、「寅さん」シリーズが最長シリーズ映画としてギネスブックに載った日だそうです。

▲帝釈天表参道。寅さんが久しぶりに帰ってきてこの道を歩くと、「またおいちゃんと喧嘩しないか。」「またタコ社長にイヤな事を言うんじゃないか。」とハラハラしたものです。

大好きな寅さん映画。私が小学生のとき、お正月は家族そろって映画館で観賞していました。

私はどちらかと言うと、同時上映の「釣りバカ日誌」のほうが可笑しくて好きでしたが、今となっては寅さんの名シーンのほうが心に残っています。

きっと見る人の年齢や人生のステージにおいて、感じ方や感情移入する登場人物が違ってくるんでしょうね。

おなじみのあのテーマ曲が流れるとなんだか古臭く感じたり、寅さんの義理人情を押し通す不器用な生き方に重苦しさみたいなものを感じていましたが、今思えばそれが私のルーツになっています。

寅さんのこんなとこが好き

特に好きなのはやっかいものの寅さんが家族にさんざんディスられて、力なく言うセリフや、自虐的なセリフがグッとくるんですよね。

「この家で揉め事があるときは、いつも悪いのはこのオレだよ。でもなあ、さくら、オレはいつも、こう思って帰ってくるんだ。今度帰ったら、今度帰ったら、きっとみんなと仲良く暮らそうって、あんちゃんいつもそう思って。」

私より馬鹿がおりますか。」

母性本能がくすぐられませんか?「壁ドン」よりよっぽどキュンキュンします。

…すみません、かなり偏った意見を申しました。。

とはいえ、もし皆様も観る機会がありましたら、古い映画だからと言わずぜひじっくり味わってみてくださいね。

サヨナラサヨナラサヨナラ

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中!
よろしければフォローしてくださいね~(^^)

→Facebook

→Instagram

→twitter