ページトップへ

スタッフブログ

住宅業界に転職し、おかげさまで一年が経過しました。

畑違いの転職だったので、最初は右も左もわからず、スタッフが交わす会話の中のわからない単語をインターネットで検索し、インターネットでもよくわからないことは周りのスタッフに聞き…の繰り返し。

今でもその状況はあまり変わりませんが、住宅に関して”意識低い系”だった私が、これを知ったことで住まいに関する世界が一気に広がった!と思えるカタカナコトバをでご紹介したいと思います!

 

ニッチ

玄関のニッチは画廊のような雰囲気♪
 
キッチンのニッチはスパイスラックに
 
トイレならペーパーのストック置き場としても

直訳すると「隙間」という意味。ビジネスシーンにおいては、小さな市場を指したり、潜在的にはニーズはあるけれどまだビジネスの対象とされていない分野、という意味で使われたりしますよね。

住まいの分野でいうニッチは、壁などにくぼみを作り、収納や飾り棚などとして使うスペースを指します。

狭い場所でも場所を取らずにインテリアを楽しめますし、未活用空間を活かせるので余計な家具を増やさずに済みます。

 

カップボード

主にシステムキッチンとシリーズ化している食器棚を指します。

初めてカップボードを聞いた時、「え、入れるのはカップだけじゃないのに!?」という衝撃が走ったのを覚えています。食器棚、キッチンキャビネット、バックカウンターなど、言い方は色々あるようです。

 

アクセントウォール
 
子供部屋には北欧のかわいいクロスをチョイス♪
 
寝室には安らかな眠りにつけそうな淡いすみれ色のペイントを。

お部屋の4面ある壁のうち、1面にだけ別の色をペイントしたり、素敵な壁紙を張った壁のことで、文字通りアクセントになる壁のことを指します。

壁が一色だけだと単調で無機質な空間になりがちですが、アクセントウォールを投入することで部屋に個性とリズムが生まれます。壁に飾った絵や家具が引き立つ、という嬉しい効果もありますよ。


 

いかがでしょうか。全部知ってた!という方は、かなりのインテリア通とお察しします。
住まいって誰にとっても身近なことですが、見たことはあっても知らないことはたくさんありますよね~。

今日はカタカナ用語をご紹介しましたが、明日は漢字編をご紹介したいと思います(^^)

Facebook、インスタグラム、twitterでも日々情報発信中!
よろしければフォローしてください。