ページトップへ

スタッフブログ

毎日のことだけど、なかなか億劫なお風呂掃除。

ついつい後回しにしてしまって、結局夕飯の支度で忙しい夕方になってやっと残り湯を抜く…ということはありませんか?

何を隠そう私もお風呂掃除が大嫌い!でもお風呂に入るのは大好きなので、お風呂掃除は手短かに、でもお風呂には気分よく入れるよう、お風呂掃除で押さえておくべきポイントを徹底的に調べました!

 

浴室掃除のタイミング

浴室は、使用後の蒸気とお湯で皮脂汚れや湯垢が落としやすい状態になっている時が、絶好のお掃除タイミングです。

最後に浴室を使った人が換気、シャワーで壁や床を洗い流して、残り湯を抜きながらバスタブ内の湯あかをスポンジで洗い落としてしまいましょう。

朝、シャワーを浴びる家族がいるのであれば、バスタブの栓を抜くと同時にバスタブの掃除もお願いするのもいいかもしれません。

ちょっとハイスペックな柄付きのバスモップや、香りのいいバスクリーナーをお買いものの時に一緒に選べば、パパもその気になってくれるかも?

 

カビをよせつけない毎日の習慣

お風呂掃除で一番嫌なのが、カビ!

浴室使用後、また掃除の際は窓を開けて換気扇を回しましょう。窓がない場合はしっかり換気扇を回し、掃除が終ったら水気が残らないよう、スクイージーを使用したり、水分を拭き取ればカビ対策はバッチリ!

もしカビを見つけたら、皮脂や石鹸カス等も一緒に付着しているので、まずは浴室用洗剤でカビの表面についた汚れを落としてからカビ取り剤でお掃除しましょう。カビ取り剤の効果を高めるため、カビ取りしたい場所が乾いた状態でシュシュっとすることもポイントです。

ちなみに浴室で発生しがちな「ピンク色のぬめり」。カビと思われている方も多いと思いますが、実は「ロドトルラ」という酵母菌です。

菌なのでカビではありませんが、カビが生える条件がそろっている場所にこのピンクぬめりは発生します。
これからカビが生えるサインでもありますので、「こすればすぐに落ちるから」と油断せず、見つけたらしっかり落として除菌、換気しましょう。

【カビ抑制のポイント】

  • ひたすら「水気」を残さない!浴室使用後はしっかり乾燥
  • カビを見つけたら除菌と換気!


▲窓のない浴室は換気扇に頼りすぎず、水気を拭き取る習慣を

ホテルみたいな仕上がりに!水栓器具のお手入れ


▲水栓器具がピカピカだとなぜか気分も上がります♪

お風呂掃除の仕上がりをワンランク上に見せるポイントは、水栓金具の掃除にあります。

白い水垢や石けんかす、カルキなどは見た目にも美しくないだけではなく、放っておくと頑固な汚れになり、水栓金具を錆びさせることも…!

この白い水垢や、鏡のうろこ汚れも、こまめに水気を拭き取ることで蓄積を防ぐことができます。
それでも付いてしまった水垢は、汚れの程度順に以下の方法を試してみてください。

  1. メラミンスポンジでこする
  2. クレンザーや繊維状のおそうじシートで物理的に汚れを研磨する。(個人的にはハイホームがオススメです!)
  3. それでも浮かび上がってくる汚れは分解する!
 水垢を分解って?

水回りに残っている白い跡の正体は、水道水に含まれるカルシウムが主体。
カルシウムはアルカリ性ですので、分解するには酸性の洗浄剤で落とせます。

最近ではクエン酸の洗浄剤も店頭でよく見かけますよね。クエン酸こそ、酸性の洗浄剤!
コップ一杯の水+クエン酸小さじ1で簡単に作ることもできますよ。

しつこい白い水垢汚れには、このクエン酸溶液をキッチンペーパーでパックし、サランラップで覆い、あとは放置!

6時間~半日程度しっかり置けば、汚れが浮き上がり軽い力で落ちるようになります。
お出かけ前のパックがおススメです。

 

排水栓や天井部もお忘れなく

毎日する場所ではありませんが、定期的に排水栓の汚れやぬめりを取ることもお忘れなく。ゴム栓の場合はゴシゴシこすると傷んでしまうので、古い歯ブラシに中性洗剤をつけて優しくこすり、水で洗い流してあげましょう。

浴室の天井は手の届きにくい場所ですが、月に一度など期間を決めて、定期的に綺麗にしておくことでカビ対策にもなります。

熱いシャワーをかけた後、洗剤を含ませた布をモップに巻き天井を擦りましょう。そのあと、乾いた布でしっかり空拭きします。

キレイになった天井を長くキープするには、煙タイプの防カビ剤を使用するのも有効です。

 

見て見ぬふりしてない?ドアレール

ドアレールは忘れがちな上に、汚れがこびりつきやす場所です。主にドアレール部に付きやすい石鹸カスやカビ汚れは、歯ブラシや綿棒が便利です。浴室用洗剤とカビ取り剤を使ってていねいに隙間を掃除しましょう。

ドアのタイプによっては、レール部が取り外せて掃除ができるものもあるので、ユニットバスの説明書を引っ張りだしてみるか、現場をよ~く観察してみてください。

意外と細かくお手入れの方法が書いてあったりしますよ。

お風呂のリフォームを考えている人は簡単に綺麗にできるデザインタイプを選ぶのも良いかもしれませんね。


 

いかがでしたでしょうか。

長くなってしまいましたが、要はこまめに水気を取っていれば、面倒な掃除のスパンは長くなるということが言えると思います。

見たくない・触りたくない汚れやカビが付く前に、お風呂から上がったら換気と水気の拭き取り!

ぜひお試しください♪

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください(^o^)/

LINE@はじめました。ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加